造形とデザイン

cactus

先日、友人と話をしている中で「造形」と「デザイン」の違いを、彼が意識している程に自分自身は意識していない事を感じた。(雑誌等で見られる)最近の建物は、デザインは良いけど造形が無い。時代が過ぎてこの世に作者が死んでいなくなっても残るような建築の気がしない。と彼は言うのだ。
デザインは表層的なもので、装飾や仕上は時間が立てば古びるしやり替えもある。すると魅力が無くなるかもしれない、それは質そのものが廃れるというもの。造形はもっと根源的なもので、表面的なものが何であれ古びようが朽ちようが、それは変わらない質を保つというもの。時代の流れがあってこそ存在するのがデザインで、時間とは無縁に存在するものが造形と捉えて良いのだろうか。時代を超えて愛され残る数あるデザインは、造形そのものに良さがあるからこそとも確かに思える。
その場での彼の話の趣旨を乱暴に解釈すれば、最近のもてはやされ目移りする建物の多くは造形もないのにデザインでごまかしているに過ぎないと、嘆いているように感じた。
さて、建築における造形とデザインとは実は一体なんだろう。それを深く考えだすと、混乱迷走しそうな気がする。自然、環境、土地、時間、光、量塊、量感、空間、間、広がり、高さ、開口、窓、、、、哲学、歴史、、、家族、個人。それぞれの捉え方、考え方、組み合わせ方のなかで、建築は一体のものとなり建物として姿を現す。
どことなく間違った解釈をしそうなのが、量感や間など空間を造形と捉え、内部や外部の仕上をデザインと捉える事。大きな吹き抜けをリビングに配したとても気持ちよい空間です。とチラシの宣伝文句になる建売住宅があったとしても、それが造形の良さに繋がるかと言えばまずそうでは無い。その設計者は造形というより、単に売りのデザインとして吹き抜けのある間取りを考えていただけかもしれない。本来は造形として捉えるべきところも、表層的なデザインのアイテムでしか無くなってしまっている。いや、デザインと言ってもいけないかも知れない。
自分自身はどうかと問われると、デザインよりも造形のしっかりしたものがやりたいと思う。ただ、その造形とデザインの違いがまだまだ曖昧なのも本音。タマゴが先かニワトリが先か、に似ている話だが、まだまだヒヨッコにはじっくり考えないと解答はでないかもしれません。

cactuscactuscactus

Related posts

コメントを残す