少しでも

昨日のオランダの学生に、
送るトコまちがっとんで!とメールを返した。
もちろん大阪弁では無い。
翻訳サイト頼りに、短い英文で返した。情けなや。
それはともかく、失礼だか送りつけて来た手紙を読んでみた。
20歳の学生さんである。
建築哲学に対する考え、日本の建設状況に対する興味、
送り先は間違えたが宛先の建築家の作品に対する批評、
自身の生い立ち、あわせて日本の国際立場にも突っ込んでいる。
原文のまま読めない自分が本当に恥ずかしいぐらいである。

日本の学生からも(中には社会人からも)就職やオープンデスクの希望は
時たま送られてくる。
正直、こんなにしっかりした考えを述べてくる事はない。
中には書き直してこいと送りつけたくなることもある。
(実際、送ったこともあるが。。。)

ところで、スタッフにもこのBLOGにできるだけ参加するよに促した。
少しでも、自分なりの意見を述べてもらいたい。
と自分にも言い聞かせる。

Related posts

コメントを残す