Month: 7月 2005

見積依頼

一段落ついた訳では無いけれど、久しぶりに落ち着いた日。 まだ少しやり残しはあるけれど、図面をなんとか見積依頼の工務店に渡す事ができた。 今日は、見積をお願いするのが2回目の工務店と、はじめての工務店。 それぞれの工務店の […]

起承転結

全てではないにしても、映画や小説や音楽の定番の形をイメージすれば、 おおよそのものは「起承転結」に集約出来るのではないかと思うのですが、 昨日はイタリア料理のコースを食しながら、 コレも同じと勝手に感慨深く納得していまし […]

学生時代に「唐長」という京唐紙の伝統工芸工房にお世話になりました。 その後も何度か機会はありましたが、ずっと顔を見せる事もありませんでした。 今年の春先、前の勤め先の親分から、唐長の奥さんがお前に会いたがってる。という突 […]

記念撮影

今日は去年暮れに完成した住宅の竣工写真を施主さん宅へお届け。 なかなか時間が取れずに、のばしのばしにしてしまった。(申し訳ありません!) 撮影から2ヶ月ぶり。 しかも、まだこの住宅を見ていないスタッフを連れ、見学までお願 […]

眩しい

梅雨は明けたのだろうか。 このところ事務所にカンヅメになっているせいか、 昼食に外へ出ると、やたらと下界が眩しい。 事務所前のえべっさんの石畳を歩くと、 かろうじて残っている体力が蒸発していくような気分だ。 朝、事務所に […]

替紙

デザインが気に入っていた訳ではないが、 長く使っていた名刺ホルダーの替紙のデザインが変わっていた。 文房具のほとんどはアスクルで済ませるのだけど、 同じ替紙はないので仕方なしに文房具屋に赴いて愕然としてしまった。 自分の […]

新しい生命

昨日「one-strory house」で雑誌の取材がありました。 今回の主役は工務店さん(のはず)で、実は予定外の飛び入り参加。 雑誌の取材があるので「one-strory house」を載せたい。 という工務店さんの […]

頭が上がらない

昨日、出先で「大工の仕事展」という展覧会を見つけて入ってみた。 なにげに入ってみると受付におじさんが一人。 もしかして大工さんかな。と思っていると、 青焼を抱えていたせいか、おじさんから話しかけられた。 やはり大工さんだ […]

あっと言う間に

一週間が過ぎてしまった。 ブログの日付を見て、あらら。 この所の忙しさに随分ご無沙汰してしまいました。 今日は床暖房器具の設置を確認に。 はじめて使うタイプなので、興味津々。 現場の職人さんも見慣れぬ情景にやや戸惑い気味 […]

日々鍛錬

今日も機会があって、クラッシックのコンサートに行きました。 正直こんなにクラッシックを続けて聞いた事はありません。 ベートーヴェンオーケストラ・ボンというドイツの楽団でした。 曲目は楽団の名前そのまま、ベートーヴェン作曲 […]