Year: 2014

アルコールランプで忘年会

すっかり年末になってしまいました。 例年になく少し時間ができたので昨日は雑然となった机周りを片付け、昼過ぎまで真面目に年末のお掃除。玄関引戸や窓のガラスが透明感を取り戻し、部屋が心なしか明るくなった気がします。夕方から、 […]

スズメ蛾とイモ虫の来襲

しばらく前に事務所に蛾が舞い込んできた。そのまま部屋の中で見失い、2〜3日して現れたところを捕獲。寒さのせいか少し弱り気味なので、そのまま縁側に放してやった。蛾は嫌われがちだが、スタイルは蝶よりもカッコイイ。 しばらく前 […]

維新派「透視図」を観てきました。

いきなりですが、写真は「維新派」の場面でありません。大阪を拠点とするパフォーマンス劇団「維新派」の公演を観に行ったところ、帰り際の会場外でやっていたサーカス団の一幕です。そんな事は知らず、なにやら周囲のどよめきにふっと気 […]

イレギュラーな気もする信楽探訪

前回の記事で「大スズメバチの焼チュウと日本蜜蜂のハチミツ」をもらった機会に、信楽にあるその友人のアトリエに今週始め行ってきました。彼の仕事場に訪問するのは初めてのこと。前日まで晴天だったのに、まるでおテントウ様が狙ってき […]

大スズメバチの焼チュウと日本蜜蜂のハチミツ

信楽で立体造形をやってる友人から、写真の2品が送られて来た。 彼が趣味でミツバチを飼ってるのは、2〜3年前に展覧会に訪ねたときに聞いていたことだが、最近そのミツバチの巣がスズメバチに襲われたことを聞いた。で、スズメバチ退 […]

伊礼智「自然につつまれる家」内覧会

日曜日、設計仲間からのお誘いを受けて住宅の内覧会に出掛けました。 設計は伊礼智氏。小さな住宅を数多く手がける建築家さんです。雑誌や本では良く拝見していますが、実作を拝見するのは初めて、とっても気になっていた建築家さんの一 […]

タタミとショウジは和のものか?

まだ家具の無い広いリビングダイニングの一画に畳が入った。畳と言うより、TATAMIな感じ。監督さんが探して来た一風変わった畳のサンプルを見た時、色とりどりで見た事のない柄の切れ端が面白いと思って採用してみたのだが、いざ敷 […]

窓からの風景が良ければ許される不思議

建築の設計をしていれば、ここはビューウィンドウなどと窓からの景色はそれなり気にしているものです。計画前の敷地に立って、あちゃらの景色は抜群やな〜、こちゃらは隣に覗かれそうだけど捨てがたい。窓を工夫してなんとかならんかいな […]

レモンティー小屋の完成です。

最初の訪問客は、どうやら近所のアマガエルでした。 昨日に完了検査を終了し、無事に完成しました。なにしろ倉庫なので厳しい予算でしたが、地元の工務店さんのがんばりで何とも愛らしい小屋になりました。感謝です。 正面の芝生の園庭 […]

白いだけで許される不思議

特別な家でもなんでも無くても、無造作にも見えた石膏ボード下地の天井と壁が漆喰だろうが、クロスだろうが、白く包まれるとそれだけで、なんとな〜くそれらしくなって、なんとな〜くイイ感じがしてくる。さらに、窓の向こうにイイ景色が […]